人生のパートナー

人間同様の供養を希望する飼い主が増えてきました

dog pet

昔は、単なる泥棒避け目的で犬を飼ったりする人が多かったのですが、最近では、人生のパートナーとしてペットを飼う人が増えてきました。社会全体の核家族化が進展する中で、家族の構成員数が極端に少ない世帯が増えてきました。一番わかりやすいのが、1人暮らし世帯数の増加という現象です。一昔前までは、結婚して初めて一人前の人間になるという考え方が定着していましたが、現在では生涯を独身で過ごす人が決して珍しくなくなってきています。また、結婚しても子供は作らないという選択をする夫婦が増加してきています。その代わりというわけではないのでしょうが、共に生活をするパートナーとしてペットを飼育する人の数が増えてきています。そのような人は、動物を単なるペットとしてではなく、自分の家族だと考える意識が強くなりますので、亡くなった際にも人間同様の扱いを望むケースが多いです。その結果、現在ではペット供養サービスへの需要がとても高くなっています。

今後のペット供養について

現在の日本は人口の減少傾向が顕著になっています。それは新しく誕生する子供の数が減っているせいだと言われていますが、不安定な雇用状況が改善されない限り、結婚できない若者が増加していきます。現在の日本の法制度の下では、婚外子は何かと不利益を被る仕組みになっていますので、結婚する人が増えないと、出生数の増加を期待することができません。一人暮らしを余儀なくされる人が今後はさらに増えると予想されているのですが、それに伴ってペットを飼う人の数が増えていきそうです。上述した通り、ペットに対して特別な思い入れを持つ人が増えてきていますので、ペット供養業者の利用者も増加すると考えられています。最近のペット供養業者はとても良いサービスを提供してくれるようになっていますが、需要の増加と共に、ペット供養サービスの内容がさらに拡充されていくものと期待されています。

オススメリンク

  • ペット葬儀なび

    ペット供養をするなら24時間365日いつでも対応しているココが信頼できます!仲介手数料や相談料が無料です。
  • 北摂池田ペット霊園

    業者に依頼すれば供養の方法を選択することだって出来ますよ。ペット供養を大阪で検討している方はご確認ください。