ペットとの別れ

ペット供養について知識をもっておこう

dog

バブル時代のペットブームから、今ではすっかりペットも家族の一員としての認識が高まり、その市場はなんと1兆円とも言われているほどです。 犬や猫などは、食べるものも良くなり、衛生状態も良くなったことで寿命が延びてきているのです。 その分人間と一緒にいられる時間も増え、さらに楽しいひと時が過ごせるようになったのです。 しかし、死というのは生きるもの全てに平等にやってきます。 愛するペットが亡くなった場合に、受け入れたくない事実と頭の混乱で、どうしたらよいのかわからなくなり、のちのち後悔してしまうなんてことにもなりかねないのです。 そうしたことを避けるためにも、ペット供養の知識は頭に入れておく必要があるのです。

今後ますます増えてくると予測されます

愛するペットが残り少ない命だと知らされたときに、ほとんどの人は自分の手元で安らかに眠らせてあげたいと願うものです。 その気持ちに応えるように誕生したのが、ペット供養なのです。 今では、ペットが亡くなり、火葬した後にペット霊園で供養するか、自宅で供養するか、または海洋葬や山林葬などいくつか方法が存在します。 その中で最近多いのが、手元供養と呼ばれるペット供養です。 今まで一緒にいたのだから、これからも一緒にいて、手元に置いておきたいと願う人や、将来は同じお墓に入るつもりで手元においている人など、皆ペットを心から愛しているのです。 ペットが亡くなった場合、突然のことでなかなかペット供養のことは考えたくないのが普通ですが、安らかに眠ってもらうためにも、私たちができる最後のことをペットにしてあげることが供養になるのです。